Journal

ジャーナル

天然成分由来がもたらす、もうひとつのメリット

【歯磨きした後は、何を食べても美味しくない】

これは定説として語られる事象ですが、その原因は何なのでしょうか。

「すすぎが足りないと、たとえばミントなどの強い香料が口の中に残ってしまうから」、という意見もありますが、もっと大きな原因は研磨剤です。研磨剤に含まれるラウリル硫酸ナトリウムなどの成分が舌にある味蕾(味を感知する組織)の甘味を感じる働きを抑制し、苦味だけを感じるので、マズイ!となるのです。

自然素材だけを使った私たちのトゥースペーストには、刺激の強い香料も有害な研磨剤も含まれていません。水は最高級のミネラルウォーター「PROBODY」を使い、熊本県天草市の天然塩「百年の海」、ノニジュースを配合した世界最高級の歯磨きジェルです。私たちの「七つの約束」では、天然由来の殺菌・抗菌効果で“爽やかな目覚めをもたらすトゥースペースト”と紹介していますが、味覚を狂わせない、というメリットもあるのです。