Journal

ジャーナル

「睡眠」へのこだわり~空調編~

前回の記事では、ベットという観点から「睡眠」へこだわりをお伝えしました。今回は、GREATMORNING最大の特徴である空調のお話です。 実は、GREATMORNINGは、一切エアコンを使っておりません。 「F-CON」という輻射(ふくしゃ)式冷暖房システムを採用し、 日本で初めて、エアコンレスのホテルを完成させました。 「冬は寒くないの?床暖房入っているの?」 「夏は暑くない?ジメジメしない?」 なんて言葉が聞こえてきそうですが、そのようなことは一切ありません。 一年中快適に過ごせる空間で、最高の睡眠をご提供します。 なぜ、エアコンレスの環境が良い睡眠に繋がるのか。 これには3つの「ない」が関係しています。

1. 温度ムラがない

エアコンは、送風によって空間の温度を調整する為、必ず風が発生します。 当然、風が直接当たる場所と、そうでない場所では当然温度は異なり、温度ムラが生じます。

2. 音がない

送風がない為、空調から生じる音は一切ありません。 エアコンの送風の音がない環境では、α波が発生したリラックス状態になるという実験結果もあり、 眠りの質に大きく影響すると言われています。

3. ホコリがない

どんなにキレイな部屋にも多かれ少なかれホコリはあります。 風が発生しなければ、人が移動しない限りホコリが舞うことはありません。 特にアレルギー体質の方は、微小のホコリでも気にされるので、身体にも優しい空間を提供します。 「風のない空間」が良い睡眠に繋がるのです。 エアコンがあることないと不安だと思っている方も多いと思いますが、 一度GREATMORNINGを体験してしまうと、エアコンが「ない」ことが当たり前となるかもしれませんよ! ぜひ、エアコンのない「F-CON」の環境で、GREATなMORNINGを体感してください。